2010年03月26日

老い日記[8]――生誕18,564日

 疲れる。疲れやすくなった気がする。原因は胃腸炎なのか癌なのか、それとも単に老いたのか。
 たぶん正解は胃腸炎か癌だ。と、病気を言い訳にすれば、老いを直視しなくてすむ。
いや待て、ここで一番問題なのは老いなのか? いえいえ、もっと癌を直視しなさい。

 昨夜の深夜2時過ぎ。液晶画面を見続けることに、どうにもこうにも耐えられなくなり、ベッドに猛然と潜り込む。久々にベッドで寝て、ほんの数分横になったつもりでいたのに、目覚めたら朝の9時だった。久々の7時間睡眠。それでもだるい体に鞭打って 、午前中から会議へ。「公益法人改革」について熱く意見を交わしながら、改革しなきゃならんのは俺の体だぞぉと我が身に言い聞かせる。

 稽古は休み。夜は芝居を観に行く。主演はロンドン留学仲間のS君(演劇集団円)。
終演後、日芸の教え子だったY君と居酒屋に行くが、二人ともホット烏龍茶(俺は自主規制、Y君は酒が得意ではない)。後から合流したS君も「ちょっと頭が痛いんすよ」と緑茶を注文。だったら俺ら、なんで居酒屋?
 さぁて明日から、いざ禁煙。それこそ留学時期に「禁煙日記」をつけながらトライしたことがあるが、2カ月であっけなく挫折。「新・禁煙日記」はどうなる?

2010-03-26.jpg
旗揚げ公演『死ぬのは私ではない』執筆のための資料本。癌となった今思えば、芝居のタイトルも意味深だが、ここにも恐ろしい単語があちこちに……。
posted by 老い日記 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記