2010年03月31日

老い日記[13]――生誕18,569日/禁煙5日目

 ソファーで睡眠4時間。泥船のような体を引きずって午前中の会議へ。地下鉄を降りて地上に出ると、なんだかまっすぐ歩けていないような、頭も体もゆるーい麻酔にかかったように、ふらぁ〜っとする。
 もしや昨日の造影剤の影響か? そういえば副作用が後から出る場合もあると、検査後にもらった紙に書いてあったな。

 「遅発性副作用」というんだそうな。症状一覧を見てみる。あてはまるとしたら、「不快感」「倦怠感」といったところか。
 残念ながら、「めまい」「歩行不全」「頭がもやっとする」「むしょうに煙草が吸いたくなる」といった症状は記載されていない。

 煙草は見事に今日も0本。
 以前トライしたときより、禁断症状が強くないのが不思議。癌じゃしょうがないねぇ、という諦めの気持ちが最初から働いているのか? それとも展望の開けぬ芝居のほうが気になって、それどころではないということなのか?
 目覚めの一服・食後の一服はナシになっても、さほど困らない。一番の問題は「執筆」だ。パソコンの前に座って、書くことに思いを巡らせ、煙草を吸う。それが執筆モードへのスイッチ・オンになっていたので、禁煙を始めてから、どうもスムーズに執筆へと気持ちが切り替わらない。ぐずぐず、ぐだぐだ、散漫になる。これって煙草のせいではなくて、「文章力の老い」?

2010-03-31.jpg
ふらぁ〜っと移動していたら、駅のホームにこんなポスターが。うーん、ふらついてるのは、人生かも。

posted by 老い日記 at 15:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記