2010年04月09日

老い日記[22]――生誕18,578日/禁煙14日目

 気がつけば、コーヒーを飲み過ぎている。
 ネオシーダーに気を取られて自覚が薄かったが、ネオシーダー同様、「モードチェンジのためのスイッチ、スイッチ」と無駄に騒いで試行錯誤するうちに、1日に軽く5〜6杯は飲むようになっている。よくない、よくない。胃によくない。
 もともとコーヒー好きで、中学生の頃からサイフォンで淹れているのだが、思えば昔から、煙草、コーヒー、炭酸飲料と体に負担のかかるものばかり愛好していた。
 「悪いものほど魅力的ってことなんだよ」。そんなことも、いきがってほざいていた気がする。ただの青二才です。
 ただ、炭酸飲料だけは4、5年前から、とんと飲まなくなった。理由はわからない。いや、わかる。あまりおいしいと思わなくなったのだ。なぜか。それはわからない。新聞記者時代、起き抜けにコカコーラを1本掴んでマイカー出勤を毎日のように繰り返していたが、あれも若さのなせる業だったのであろうか。

 昨夜、女優のAさんと久々に電話で話す。我が身を案じていただいての電話だったのだが(かたじけない)、聞けば、2月半ばに腰椎骨折し、1カ月ほど入院していたという。
 「もう元気だから、私は大丈夫なんだけど、前のように動き回る芝居はできないかもしれないわね」と、あはは、と笑う。
 みんな、思わぬ時に、思わぬことになっているのだなぁ。

 今日は公演前最後の稽古休み。自分たちの芝居のことを考えると一気に気分的に重くなる体を引きずって、新国立劇場に『夢の裂け目』を観に行く。
 ロビーで久々に会った先輩演出家のF・Aさん、別人のようにすっかり痩せていて驚く。思わず、「痩せましたね」と声を掛けると、「糖尿病でね。甘い物をすっぱりやめたら、それだけで18キロ落ちたんだよ」「18キロも? すごいです
ね」「糖尿病を治さ
ないと大腸癌の手術ができないんだよ」「えー、僕も胃癌が見つかって今月手術するんですよ」「あ、そうなの? みんな、そんな年かぁ」
 この後、しっかり二人して、「あはははははははははは」と笑いました。笑うしかないっす。
2010-04-09.jpg
我が家の珈琲コーナー。「この豆、おいいしいから」と送ってくれる人もいて、種類は結構ありますな。

posted by 老い日記 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記