2010年04月10日

老い日記[23]――生誕18,579日/禁煙15日目

 久しぶりに掛かり付けの歯科医へ。ほぼ1カ月ぶり。
 「歯間ブラシをしっかり入れて、歯茎を引き締めておいてくださいね」と宿題を言い渡されていた。
 この1カ月、癌を宣告されたり、芝居が遅々として進まなかったり、何かと時間を取られることも多かったのだが、やってましたよ歯間ブラシ。食後にせっせせっせと磨いておりました。
 なのに歯科医の先生、我が歯をちょいちょいちょいと点検するなり、「まだ5ミリの所がありますね」と、出来の悪い子どもをたしなめるような口調で言う。要するに、歯周ポケット(骨までの深さ)がまだまだぽっかりと、深さ5ミリもあるってことです。
 「4と5じゃ、ずいぶん違うんですよ。4ミリだと自己管理できるんですが、5だと自分では難しいですからね」 
 改善されている自信があっただけに、激しく萎える。しかも5ミリは左奥上、左奥下、右奥下と3カ所もあるそうな。
 で、今日は右奥下に麻酔を打って、ガリガリ、ガシガシ、引っ張ったり、こそぎ落としたり、薬入れたり。麻酔打ってるから痛くはないんだけど、なんか相当荒っぽいことになってるなぁ、と思いつつ、口をあんぐり開け続けていた。
 「引き続き頑張って歯間ブラシをしっかりやってくださいね」と再び宿題を言い渡されて、本日終了。

 芝居はいよいよ追い込み体制。の予定のはずが、あーでもない、こーでもないと未だ真っ暗闇のトンネルを手探りで行ったり来たりしている。

2010-04-10.jpg
こうして悪い個所を絵で示されると、「ああ、悪いんだ」と自覚できる。言葉だけではわからない、うつけ者です。

posted by 老い日記 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記