2010年04月14日

老い日記[27]――生誕18,583日/禁煙19日目

今頃になって、癌保険の担当者にようやく電話。
 担当者のYさんからはこれまで何度か電話をもらっていて、「一度、お目に掛かってご挨拶を」と言われていたのを、「すみません、ここんとこずっと忙しくて。折をみて、こちらから連絡します」と多忙を理由に、結局会わずじまいになっていた。
 あれからずいぶん時間が経っている。
 今日の電話。「あの、こちらから連絡を差し上げますと言いつつ、ずっとそのままにしていた古城です」「あ、はい」「それで連絡したのはですね、私、癌になりまして」「あ、そうですか」
 保険の仕事で日頃から多くの癌患者と話しているからであろう、驚いているんだか、憐れんでいるんだか、Yさんの声からはさっぱり反応がわからない。
 今日は、早期の胃癌であること、病院名、手術日を伝え、Yさんから「また近いうちに改めて」と言われて電話を切った。
 あの、Yさん。そのうち連絡しますと言っておきながら長いこと連絡しなかったのは私ですが、今度はすぐに連絡くださいね。いや、何が何でも電話してくださいね。仕返し、しないでくださいね。

 そもそも、この癌保険。高校時代の友人Mがそれまで勤めていた「Mホーム」を辞め、まったく業種の異なる「S生命」に転職。「なあなあ、保険入ってくれよ」としつこい勧誘に負けて入ったのだが、それから毎月毎月保険金だけが引き落とされ、保険に加入した途端にMからの連絡は途絶え、「あいつはほんとに調子のいい奴だ」などと思いながらずいぶん時が経ったある日、S生命から電話が。
 「あの私、このたびMから担当を引き継ぎましたYと申します」「え? 引き継いだって、Mはどうしたんですか?」「あ、辞めました」。はぁぁっ? 辞めたぁ?
 事の次第を聞こうと、久々にMに電話をかけるが、「現在、使われておりません」。出した手紙も、「あて所に尋ねあたりません」で戻ってくる始末。いまだにMの行方は知らない……。
 おーい、M。おまえ、今どこで何やってんだぁ?

 ネオシーダー、本日、「もうどうにでもなれ」の20本。Kota君、コメントで応援してくれてるのに申し訳ないね。
 芝居は、もう待ったなし。こちらは「どうにでもなれ」ではいけません。最後まであがき続けます、体の許す限り。

2010-04-14.jpg
もうすぐ始まります。旗揚げ公演のチラシ。始まるのか?

posted by 老い日記 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記