2010年04月29日

老い日記[42]――生誕18,598日

  旗揚げ公演『死ぬのは私ではない』、全12ステージ、すべて終了。いつものことだが、ああ、間に合うのか? 大丈夫なのか? とじりじりした気持ちでつくっていた舞台も、終わってみれば風が吹き抜けるように、あっという間に過去のものになる。
 これぞ舞台の潔さ。これぞ舞台のはかなさ。老いるに従って、つくづく人生と同じと身に滲みて思う。

 さぁて。大きく体調を崩すことなく無事に終われたことだし、明日からはきっちり体調管理に努めましょう。今は心底そう思うが、明日は明日の風が吹く。天の邪鬼はそうも思う。

客席.JPG
「劇場HOPE」客席。期間中、ここに座ってくださった皆様、お一人お一人に心より感謝。ホントにありがとう。
posted by 老い日記 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記