2010年04月30日

老い日記[43]――生誕18,599日

 公演が終わってみれば4月末、今年の3分の1が既に終わってる。時間は年を取るにつれて、びゅんびゅん速くなる。それだけ「老い」にもずんずん拍車が掛かる。
 もはや持病の首こり(特に左斜め後ろ)、左膝の痛み、目の奥の痛みが今日になって急激にひどくなった。……ような気がする。たぶん、張っていた気が抜けただけなのだが。
 いつも公演が終わると知らず知らず気が緩み、さぁて映画を観るぞ、本も読むぞ、と束の間の自由時間を満喫するはずが、時季外れの風邪引いて熱に浮かされながら部屋に引きこもる羽目になる。いかんいかん、抜くなよ、気。

 昨夜の打ち上げは珍しく終電前で終了(たぶん初めて)。おかげで疲労感も少なく(同時に燃え尽き感も少なく)、早速、今日から次回公演の制作雑務を粛々とこなす。
 明日から5月。我が誕生月。バースデイはたぶん入院中。いいさいいさ、それも人生。 

ツツジ.JPG
自宅前ではツツジが満開。我が日常の一喜一憂などお構いなしに季節はしっかりと移りゆく。
posted by 老い日記 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記