2010年05月06日

老い日記[49]――生誕18,605日/完全禁煙2日目

 稽古が始まって、俳優と一緒に真面目にストレッチに精を出す。台本執筆の遅れから前回ずいぶんサボっていたせいもあり、一昨日からのストレッチが妙にきつい。きつい、というより、かつてないほどに「体が伸びない」。
 特に前屈の際、脚の裏側全体が著しく硬い。側筋が曲げにくいのは太って無駄な肉がダブついてるせいだとしても、脚の裏側が硬いのはなぜ? ランニングの後のストレッチをいい加減にやってるからか? あ、ダメ、これ以上伸びない、と早々に限界を感じてしまう。なんだか悔しくて、ぐいぐい意地になって伸ばそうとすると、かえって無理無理と体が悲鳴を上げるので、さらに「老い」を噛みしめる羽目になる。

 今日からドキュメンタリー・シアター『誰も見たことのない場所』の稽古開始。
 この芝居に向き合うと、特に身の引き締まる思いがする。すべてのセリフがインタビューで得た証言、つまり「他人の大事なものを預かっている」という気になるからだろうと思う。

夏のブランコ.jpg
陽射しは、すっかり真夏。ブランコに乗りたかったが、なかなか譲ってもらえず……。
posted by 老い日記 at 23:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記