2010年06月28日

老い日記[102]――生誕18,670日/禁煙55日目

 
 昨夜は11時前にはホテルに戻る。睡眠不足を一気に解消すべくさっさと寝ればいいものを、パソコンに向かっていたら、いつのまにやら3時過ぎ。それでもチェックアウトを11時にして、久々に睡眠6時間。いつもより少しだけ目覚めすっきり。

 午後、帰京。京浜急行の車内で横並びに座ったスーツ姿の男女がよく喋る。聞きたいわけでもないのに声がデカく、20代とおぼしき女のほうが「上司はカッコいいほうがいいですよ」とCMを引き合いにしながら佐藤浩市の名前を口にした。「あのCMの佐藤浩市、カッコいいですよね」。するとその女の上司なのか先輩社員なのか男のほうが、「ああ、三船敏郎の息子ね」「え、そうなんですか?」「そうだよ」「へー、全然知らなかった」
 ――おいおい、三國連太郎だよ。三船じゃないよ。合ってるの「み」だけだよ。教えたい気持ちがメラメラと燃え盛るが、わざわざ前かがみになって改めて二人の顔を覗き込んだらどっちもシケた顔だったので急速にどうでもよくなる。

 帰宅後、すぐに歯科医院へ。名前を呼ばれて診察台に座っていると、現れたのは男先生。よっしゃぁ、今日はついてる。安心して麻酔を打ってもらい、左下の奥をクリーニング。
 血は出なかったものの、終わるとヒリヒリ、ズキズキする。ガシガシ歯をひっかいているんだから痛むのはしょうがないとはいえ、医療が凄まじく発達している今、歯石落としにも痛みのない画期的な方法を誰か生み出してくれないものか。

 その後、稽古場へ直行。昨日の自主稽古では倍速稽古をやったそうだが、その成果はちょぼちょぼ。『眠れる森の死体』もそろそろ名作として目覚めてくれないと困るよ、マジで。

安来武士3枚.jpg
「ドジョウすくい」で有名な安来節をもじった「安来武士」。島根県安来市の観光キャンペーンポスター。
安来武士アップ.jpg
アップで見ると鼻にはちゃんと一文銭が。それでもイケメン風に見えるから不思議。
posted by 老い日記 at 23:36| Comment(0) | 日記