2010年07月05日

老い日記[109]――生誕18,677日/禁煙62日目


 朝から原稿仕事でパソコン前に足止め状態、そのしわ寄せで歯科医院に行く予定をキャンセル。
 一気にケリをつける心構えでいた「歯周病食い止め作戦」、ようやく光明が見え始めていたのに、食い止め作戦実行に向かう気持ちを食い止めている。
 いかんいかん、いったんしわ寄せをオノレに認めてしまったら、いろんなことがどんどん後回しになってしまう(既に相当、いろんなことが後回しになっている。泣)。これで歯周ポケットが深くなったら虚しさ倍増だなぁと、せめて歯磨きだけはと歯間ブラッシングに時間をかける。老いたる身とはいえ、まだまだ入れ歯の世界には行くまいぞ。ああ、むなし。

 実寸稽古2日目。『眠れる森』の空間を支配する、ひりひりとした行き場のないムード、ホラーがかったムードをさらにさらに色濃く漂わせるべく、細かく細かく部分稽古を繰り返す。
 この芝居は言葉にできない「10代の気分」をそのまま舞台化する試みでもある。
 今では50の坂も越え、棺桶に片足突っ込んだ我が身であっても、この芝居に向き合うといつも、青春真っ盛りのあの頃を昨日のことのように思い出す。苦しくて、もどかしくて、あがきまくって、だからこそ泣きたくなるほど切なかった日々。苦しくて、もどかしくて、あがきまくってはいるのはオッサンになった今も変わらないけれど、それはただの怠慢のなせる業。その抜き差しならない、いろんな思いが「キラキラとした切なさ」に昇華されることはない。
 さぁ、今日も無条件にキラキラと輝きを放つ若かりし日々に帰りましょ。……退行現象?
 
背、伸びた?.jpg
背、また伸びた?
posted by 老い日記 at 23:01| Comment(0) | 日記