2010年07月11日

老い日記[115]――生誕18,683日/禁煙68日目

 
 参議院選挙、民主党大きく後退、与党過半数割れ。予想できた結果とはいえ。オママゴト政治で迷走を続けた民主党が成熟するまで待ってる余裕はない、ということなのだろう。スピードのある政治は難しくなるが、衆参の「完全ねじれ国会」で与野党にいちいちシビアな綱引きをしてもらうほうが政策がより錬り上げられて、今の日本にはいいのかもしれぬ。

 稽古場での稽古最終日。いくつかの場面を小返し稽古した後に、最後の通し稽古。
 演出は基本的には15年前の初演とさほど(敢えて)変えていないので、「ああ、90年代の演劇だなぁ」と自ら思う演出が少なくない。こけおどしのようにバン!とカットインする音楽。スパン!とカットチェンジする照明。「うおー!」と心の叫びをストレートにさらけ出す(そんな場面もある)演技……。果たしてこれを、今の観客は「古い」と取るのか、「正統」と取ってくれるのか。はたまた「別にどうーでもいいっス」と無視されるのか。実は気の小さい演出家は今から興味津々、というか気が気ではない。

投票所.jpg
投票所ってなんでこんなに地味なんだ?

スタンバイする女優.jpg
稽古場最後の通し直前。仮セットの裏でスタンバイする女優Y。静かなる緊張感。何を思う?

血糊.jpg
芝居で使われる血。正確には「血糊」。リアルです。エグいです。この血が芝居で使われる場面は……ああ、言えない。
posted by 老い日記 at 23:02| Comment(0) | 日記