2010年07月15日

老い日記[119]――生誕18,687日/禁煙72日目

 
 朝5時にもそもそと起きだしてパソコンに向かう。仕事の山に途方に暮れ、このままランニングに出たら身も心もすっきり爽快になるだろうなという誘惑を抑えつつ、ひたすらあくせく原稿書きと格闘。健気、健気と我が身に言い聞かせる。
 午後イチで劇場入りし、3回目のゲネプロ。たぶん劇場でのゲネプロ3回は初めての経験。これだけやれば、きっとうまくいく。きっと大丈夫。完璧主義の演出家は自己暗示で不安な思いに蓋をしつつ、初日を開ける。

 初日、無事終了。なんてことなく終了。いやいや、4月の旗揚げ公演初日の空前絶後のミスに比べれば、数段も上出来と言うべきか。
 終演後、初日打ち上げ。ミスター・ウエスタンこと俳優のNさんも観に来てくれていて、しばらくして合流。前回同様、深夜3時まで飲む。語る。笑う。若手相手に毒を吐く。Nさんも負けじと(むしろ我が身を上回って)若手に毒を吐く。いやいや、これは親心。おまえらさぁ、こんなこと言ってくれる大先輩、なかなかいないよ、と思いつつ、調子に乗ってレモンサワーをぐいぐい飲む。憂さ晴らし?

花1.jpg花2.jpg
公演お祝いの花。感謝!!
posted by 老い日記 at 23:25| Comment(0) | 日記