2010年08月04日

老い日記[139]――生誕18,707日/禁煙92日目

 朝8時半には家を出たのに、羽田に着いたのは出発20分前。ネットで調べた結果と10分も違う。「なぜだああああ?」という怒りを噛み殺しながら遠い遠い搭乗口へスタスタ急ぎ、同行する俳優Sに「間に合わないんじゃないかと思いました」と閉口されつつ、今日もギリギリで飛行機に乗り込む。
 今日から広島。今夏の「フーテンの寅さん」がスタート。広島、熊本、宮崎をあっちに行ったりこっちに行ったり、旅芸人のような日々が始まる。ああ、丸々1カ月くらい自分の部屋に引きこもりたい。早くもそんな後ろ向きの思いに囚われる。

 広島空港で迎えに来てくれてプロデューサーO女史と、昨日から広島入りして、すでに昨夜、呉でのワークショップを済ませてきた俳優Oと合流。
 会場の広島市南区民センターには12時40分頃に到着。「ワークショップは何時からでしたっけ?」「1時です」「えー、昼飯抜きですか……」と不満露わな、さもしい演出家に「すみません」とプロデューサーO女史は答えるものの、その返事に悪びれた様子はまったくない。
 今日は夕方まで「中高生のコミュニケーションワークショップ」、夜は「DOCS」の芝居の稽古、という2本立て。はいはい、昼飯抜きでも頑張りますよと自虐的になりつつ、O女史に「ワークショップは5時まで?」と聞くと、「そう、5時までね」「で、DOCSの稽古は何時から?」「5時から」。
 えー、晩飯もなし? というか休憩もなし? 憤然と声をあげる演出家に、O女史は「そうよね、そういうこと全然考えてなかったわね」と、これまた動揺は微塵も見せず。……もはや我が身は演出家ではない。奴隷だ。奴隷でしかない。

 結局、5時開始のDOCSを20分遅らせて、その間に用意してもらったサンドイッチを俳優O&Sともども食べ始めたら、そこへDOCSの高校生・大学生どもが、わらわらと物欲しげな顔で集まってきて、「え、いいんですか?」「腹減ってんですよ」「いただきまーす」と次々に奪っていく。……我ら、奴隷以下かも。

 夜8時すぎに初稽古を終えて、地元演劇人たちと総勢10名余で食事に出る。いやぁー、食べました食べました。アルコールそっちのけで、ばくばく頬張りました。満腹です。もうメタボなんてどうでもいいっす。
 午前0時頃にホテルにチェックイン。軽く荷ほどきしてパソコンに向かうと、我が「老い日記」にはかつて見たこともない数のコメントが。思わず興奮。ありがとう、皆さん。よぉし、これで上地雄輔のブログコメント数(毎日3000前後)を抜く日は近いぞ、と独りほくそ笑む。ははははは。
LbgX[.jpg

広島空港の飛行機誘導のための「キャットスリー」。走る車内から撮影成功。やはり何かの建設途中にしか見えない。

posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記