2010年08月09日

老い日記[144]――生誕18,712日/禁煙97日目

 睡眠3時間弱。もっと寝せろよお、という欲求をなんとか振り切って起床。俳優Oともども9時前にはホテルを出てバスセンターに向かう。前回、バスに乗り遅れて1万5000円もの手痛い出費を経験しているので余裕を持って早めに出たのだが、それでも既に刺すような夏の陽射しの中、キャリーケースを引きずりながらズンズン急ぐ。早くも汗まみれ。前回の乗り遅れが(1万5000円の出費が?)よほどのトラウマになっている。まぁ、余裕で間に合いましたけどね。(別にフツーのことです)

 帰宅してひと段落も束の間、歯科医院へ。今日は男先生。「左上奥歯に詰めてあるセメントをプラスティックで固めますね」と手際よく、ガガガガガ。その後、「歯茎はピンク色で締まってきて良い状態になってますけど、前歯の裏に歯石がついちゃってますね。ここはちゃんと歯磨きしてますか?」「(やや考え)……スルーしてるかもしれません」「前も言いましたけど、細菌でも少々タチの悪い細菌が多いようなので、歯磨き頑張ってください」「(無念そうに)……はい」。
 というわけで、その部分の歯石を取ったあと、前歯の裏のブラッシングの仕方の講習。ホントにもう何回、歯磨きの勉強をしていることだろう。永遠に解けることのない数学の問題のように奥が深い。とはいえ、今日で治療はひとまず終了の様子。「ひと月後くらいにチェックしましょう。それまで歯石の着かない状態を頑張って歯磨きしてキープしてくださいね」。優しい言葉で言われると、ホントに我が身が出来の悪い小学生になったような気になる。実際はもう、50過ぎてるけど。

 歯科医院から急いで西新宿の稽古場へ。広島から戻って休む間もなく、今日から『誰も見たことのない場所』の稽古。ツアーにかける芝居は、稽古にも終わりがない。ひたすら繰り返し、あるのみ。いつの間にか歯石がついて歯がダメになることがないよう、毎日毎日歯磨きするのと、どこか似てる。「歯石の着かない状態を頑張って歯磨きしてキープしてくださいね」
 今日はキャラクターの弱いパート、訴求力の弱いパートをいくつかピックアップして、せっせと歯磨き。ただ芝居はガガガガガとやっても簡単に歯石は落ちない。そこが難しい。

 そういえば話は変わるが、昨夜のこと。
 稽古を終えて南区民センターから車で移動しようとしていたら、戦車を見た。夜9時半頃だったか、本物の戦車がトレーラーに乗せられて運ばれていた。「戦車だ、本物の戦車」。突然叫んだ俳優Oの言葉で気がついた。目の前を運ばれて通り過ぎていっただけなのだが、なぜか気持ちが高ぶった。そうだよ、この国にも戦車はあるんだよ。見たことないから普段、何も思わないんだよ。そんなことを思った。

H.jpg
運ばれていく戦車に気づいて「写メ写メ」とケータイを慌てて出すも全然間に合わず。トレーラーはずっと先へ……。訳わからない写真が撮れました。

posted by 老い日記 at 00:00| Comment(1) | 日記