2010年09月10日

老い日記[176]――生誕18,744日/禁煙129日目

 いよいよ我が体、痛風、確定か。昨日から右足の親指の付け根の左側(いわゆる外反母趾になる部分)の骨がじんじん痛い。激痛というほどではないが、一時的なものではなく一日中痛みが消えないので、疑いはかなりの高確率で濃厚。痛風経験のある人からはよく「立って歩けない」という話を聞くが、このまま左足親指がトンデモナイ激痛へと進化するのだろうか。それとも、この段階になってもまだ予防法ってあるのか?左足は膝がヨレヨレ、右足は痛風。シャレにならんな。

 俳優O&Sとともに本格的に熊本に乗り込んで、はや5日目。芝居は2本とも「繋ぎ」の部分がまだまったく見えない状況。早く手を打たねば、どちらも関節のないぶらんぶらんした流れの悪い芝居になってしまう。
 という状況ながら、『メランコリーの予感』マチネ公演はなんと、本日をもってチケット完売(拍手)。ソアレ公演も残り10席(拍手間近)。『上通物語』はキャパが1200席と大きいので簡単にはいかないものの、ここにきてチケットの伸びが目覚ましいとのこと(拍手まだまだ)。体への疲労は容赦なく溜まっていくばかりだが、芝居もいよいよ追い込みをかけないといけませぬ。
o[iH.jpg 
熊本県立劇場の正面入り口付近に立つ、孤高のバレリーナ(?)。
近くで見ると顔が潰れていて怖い。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(1) | 日記