2010年09月19日

老い日記[185]――生誕18,753日/禁煙138日目

 熊本滞在も残り1週間。本番を控えていよいよ秒読み態勢。『メランコリーの予感』本番まで、あと3日。『上通物語』本番まで、あと5日。今日も一日、『上通物語』につくが、転換の段取り、早替えの段取り、音響・映像の確定などに終始して、最終場面にまで到達できず。なかなかゴールラインが見えない。
 今日は合唱部が稽古に参加。いつもは広い演劇リハーサル室も、計70人ほどの人であふれるとさすがに狭苦しい。 『メランコリーの予感』のほうが本番が先だというのに、昨日も今日も自主練習。やはり同時進行で2本の演出は、この段階になると想像以上にしんどい。芝居の作風もまったく違うので頭の切り替えも大変。老化現象の顕著な演出家には荷の重い作業が連日続く。
 昨日も今日も退館時間なんぞまるでお構いなしで、稽古は当たり前のように11時過ぎまで。ホテルに帰るとボロ雑巾のようになっている。これ以上絞っても、もう何も出ません。

 劇団若手男優Oに頼んでいた郵便物が届く。その宛先の住所、「熊本市→態本市」「○○○ホテル気付→○○○ホテル受付」。たった十数文字の中に間違いが2個所も。こいつ、本物のバカだと、かなりげんなり。乾いた笑いも出ません。

{?U.jpg
稽古場入り口のボード。「がんばろばい」
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記