2010年11月04日

老い日記[231]――生誕18,799日/禁煙184日目

 高校演劇福島県いわき地区大会初日。前日入りしたというのに、結局、睡眠4時間で会場入り。
 「制作作業を今度の日曜にやりたいから」とF女史に急かされてへいこらと原稿を書いたのだが、F女史から午前中に一斉メールが届く。「古城さんの努力で原稿はできあがったものの、封筒印刷が間に合いません。作業日を13日以降で設定してください」。おいおい、そりゃないよ。
 10時半開会式。11時に1本目がスタート。今日は計3本を観劇して、4時半に終了。1本終わるごとに幕間講評といって、観た直後に生徒たちにダメ出しをするのだが、これがどうも決まりが悪い。以前は事細かに戯曲・演出・演技・スタッフワークとそれぞれにダメ出しをし、同時にさまざまなアイデアも言っていたのだが、このところ「要するに何をやりたいか、何を伝えたいか、その思いに勝るものはないんだよ」と、審査員としては失格なことばかりが頭に浮かんでしまう。よって、細かいことをいちいち言うのが、どうにもやるせない(生徒だって終わった直後じゃ冷静に聞けないだろ、とも思うし)。まぁ、それでもちゃんと具体的に、あーだこーだと助言しましたけどね。
 
 夕方、いったんホテルに戻って、6時半から交流会。要するに演劇部顧問の先生方との飲み会だが、書き物仕事が気になる劇作家は殊勝にもノンアルコールで通す。
 9時すぎに散会となるが、交流会に参加していたいわきS高校の講師Yは日大芸術学部演劇学科の教え子。殊勝にもノンアルコールで通したはずなのに、根性なしの物書きはYと2次会に迷わず繰り出す。気の置けない話をわいわいしながら、Yを教えたのは10年前だと改めて確認してびっくり。Yも来年には30歳。オッサンになるはずだ……。
 午前様になってホテルに戻ると、そら見たことか、すっかり仕事をする気をなくしている我が身を嘲笑いつつ、ダラダラと時間を過ごした挙げ句、疲れ果ててベッドに入る。
カモメ便?.jpg
カモメ便?
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記