2010年11月30日

老い日記[257]――生誕18,825日/禁煙210日目

 11月が終了。明日から12月。速い速い。老いへの道は急勾配の下り坂。そして次の公演の初日もたぶん、あっという間にやってくる。危険、危険。びゅーん、と飛んでいく毎日にしっかり楔を打ち込みながら、日々、確かな足跡を残さなければ。
 ――などといつも思うが、思うだけ。有限不実行。楔を打ち込むどころか、あれ?今日、何曜日?あれ? と半ば呆け老人のごとく日々は過ぎゆく。びゅん、びゅーん。
 
 朝から会議で西新宿。「事業企画委員会」。久々に(初めて?)全委員が出席。演出家の多い委員会は喋りたがりが多いので、ワイワイシャカシャカ言葉が飛び交う。委員長は制作者だからか、にぎやかな言葉の空中戦になっても放任状態。
 Sさん、お願いです、しっかり会議を進行してください。というかSさん、途中から勝手に仕切ってすみませんでした。(おまえが仕切ったのかよ)
 昼頃には会議は終わり、その後はひたすら書き物仕事。パソコンの前にへばりつき続けるのも根性いるなぁ、根性あっても書けないものは書けないなぁ、と無駄な方向へ思考は飛ぶが、自分のこととなると少しも仕切れない。なぜだ?
イチョウ並木.jpg
時はびゅんびゅん過ぎゆくが、今年の樹々の紅葉は遅い。自宅前の銀杏並木は未だにまだら模様。温暖化の影響?
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記