2010年12月30日

老い日記[287]――生誕18,855/禁煙240日目

 左耳後ろの吹き出物は腫れ上がったまま年を越すことになる模様。「今年の汚れ、今年のうちに」とはいきません。
 連日の睡眠不足と目の痛みが、もう限界もう限界と思いつつ、マゾのような気分で我が身を追い込む。
 だが無論、昔のような体力があるわけもなく、すぐに頭は朦朧として使い物にならなくなる。あー、睡眠を欲しない体、食欲のわかない体が欲しい。「ハイ、それじゃ今から睡眠も食欲も要らない体モードに切り替えますね。スイッチオン」。そうできたらどんなに有り難いことか。
 
 今日も自宅と錦糸町の稽古場を往復するのみ。今年は当然ながら劇団の忘年会もなし。癌の手術をして以来、なぜか酒に対する欲求がほとんどなくなったので宴会がないことに不満はないのだが、「もう少し人間らしい生活してもええやん」、とも思うが、返す刀で「何が人間らしい生活なのだろう?」とも思う。――あ、また現実逃避に走りかけてる。  

東京タワー.jpg
ちなみに去年の1230日は東京タワーに行きました。

posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記