2011年03月08日

老い日記[355]――生誕18,923/禁煙308日目

 午前中は書き物仕事に精をだすが、公演が終わってひと段落したのを見計らったかのように、いっぺんに大量に、これでもかこれでもかと仕事が届いてくるので、やれどもやれども少しも仕事は減っていかない。じっと手を見る。(手は見なくていいです、仕事をしましょう)
 昼から初台へ。新国立研修所のシーンスタディの稽古はウォーミングアップの後、今日もスタッフ会議にかなりの時間を取られる。出演者(=研修生)自ら何もかもこなさなければならないこのシーンスタディは相当過酷。この期間、この稽古だけに没頭できる環境ならまだしも、彼らはほかの授業の発表なども抱えてスケジュールも頭もパンパンのよう。結局、今日は読み合わせをひと通りやるのが精一杯。
 
 7時すぎに初台から新高円寺に移動し、今度はワンツーワークスの基礎稽古。若手の天敵Oは松葉杖生活ゆえほとんど見学なので、残る若手に思う存分、毒を吐く。吐けども、若手は若手で毒に免疫ができてきたのか、あまり響いてない様子でそのじれったさが拍車を掛けてさらに毒を吐く。あのね、毒を吐くのもパワー要るし疲れるんだから、君らさっさと上手くなりなさい。困るよ、ホントに。と、毒が効果がないとみるや老獪演出家は一転て愚痴を垂れる。(つくづく嫌な性格です)
又聞きの思い出 チラシ-2.jpg 
次回は『又聞きの思い出』。チラシも完成。あのー、又聞きでも思い出になるもんですか? 
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記