2011年06月02日

「よいしょっと」、来る。――[441]生誕19,009日

 ついに届いた、我が新しき相棒となるパソコン「よいしょっと」。(変わった愛称の由来は、5月27日参照)
 23.6型ワイドのディスプレイは机上に置いて目の当たりにすると、さすがにデカい。なんという見やすさ。この上なく老眼に優しい。大きいことはいいことだ。
 本体もかなりデカくて、こちらは少々邪魔くさいが、説明書を読むと、なるほどね、この先、拡張しやすいように中の空間にゆとりがあるわけね。ふむふむ。たぶん拡張なんぞ、金輪際しないと思うが。
 しゃっ、しゃっ、とコード類を繋ぎ、「WINDOWS7」を立ちあげてLANケーブルを差し込むと、おお、速い。お待たせしません、インターネット。あり余るエネルギーに充ち満ちた誕生したての生命体のように、しゃき、しゃき、と画面は切り替わる。動画も速いぞ。昨日までの我がパソコンは、「待ちなさい。耐えなさい。何でも君の思うとおりに世の中は進まないのだよ」と忍耐だけをひたすら教えてくれたが、今度の「よいしょっと」は違うぞ。若さがあるぞ。これでようやく老老介護のごとき毎日から解放されるぞ。さぁ仕事だ仕事だ、よいしょっと。
 
 ところが……。昨日までのパソコンにあるファイルやデータを移せない。いや、時間かければ移せるのだが、専用のケーブルを買ってくればイッパツなのに忘れてた。なので結局、昨日までのパソコンも起動させ、あっちのパソコン、こっちのパソコン、両方に目をやりながら、まるで元カノと今カノのの両方にご機嫌とりつつ、整理整頓に明け暮れる。(結局、仕事はほとんど捗っていない)
抜け殻.jpg
「よいしょっと」の抜け殻。見事、この世に生まれ出ました。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記