2011年06月10日

13年連続3万人超え。――[449]生誕19,017日

 1時間ちょいのランニングで一気に体重が2kg減る。減るものなんだと少々驚く。でも体重50kgの人が落とす2kgとは訳が違う。我が身にはそれだけ無駄についてる肉がまだまだべらぼうにあるってことだ。だから2kg減ったからってアイスクリーム3個一気食いなんぞやってちゃ意味ないっすよ、オッサン。
 
 2011年版「自殺対策白書」が閣議決定。2010年の年間自殺者は全国で3万1690人。09年よりは若干減ったが、これで13年連続で年間3万人超え。2011年は東日本大震災・福島第一原発事故の後遺症も大きく影響するだろうから、14年連続の年間3万人超えはほぼ間違いない。毎年毎年このニュースには暗澹たる思いがする。
 
 新国立劇場で『雨』を観る。井上ひさしさんが1976(今から25年前)に書いたこの戯曲、改めて「圧倒的な言葉の力」を思い知らされる。それほどに井上さんは言葉と格闘した人だった。格闘の果てに紡ぎ出された言葉は恐ろしく強靱で揺るぎない。25年の歳月などものともしない。
 『雨』は死にたくないのに自害せねばならなくなる男の話。死にたくないと喚き暴れる人もいれば、死にたい死にたいと心が叫び続ける人もいる。この両者の深い溝をなんとか埋められないものか。死に向かう人を踏みとどまらせる「圧倒的な言葉」は生み出せないものか。
リヤカー?.jpg
少々見にくいが、囲いの中にリヤカー。なぜ? 工事に使うのか?それともリヤカーが交通事故?
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(1) | 日記