2011年07月06日

通風か外反母趾か。――[475]生誕19,043日

 どういうことなのか。左膝はヒアルロン酸2.5CC注射1本で効果てきめんだったが、右膝は未だに違和感が消えず。やはり毎日やるべきなのか、筋力アップのヒンズースクワット100回。やったら1日で寝たきりになると断言できるが。
 おまけに悪化しないよう祈っていた右足の親指の付け根あたりの骨が頻繁にズキズキ痛む。やはり祈るだけでは無理なのか(無理です)。痛みの正体は果たして、痛風か外反母趾か。確かめるとまた大変なことになりそうなので今のところの最善策は、無視と決める。
 
 あまりに体が固まってるので、これ幸いに現実逃避のマッサージに行く。すると、体をぐりぐりやられた後で、「神経痛のところが異常に過敏になってますね」と言われる。この神経痛前提の言葉に、「え?我が身は神経痛なの?」とやや愕然となるが、肩、首筋、ふくらはぎは確かにピンポイントで押されると跳ね上がるほどに痛い。「イタギモ(痛気持ちいい)」ではなく、ひたすら激痛。なので、ぐりぐりやられながらオッサンは押し黙ったまま、自然とマッサージの手の動きから逃れよう逃れようと体を少しずつズラし始める。これじゃ何のために金を払ってんだか。しかし逃げなかったら逃げなかったで、金払って拷問を受けてるようなもの。なんたる矛盾。このままだと結論は、どこかの歌舞伎役者が言った「(マッサージに)出かけるのをやめなさい」いう結論にならないか。
 
 夜は劇団の全体会議。報告事項だけで時間が過ぎて、討議事項になると皆、貝のように押し黙る。日本人は会議が下手だとよく言われるが、会議には準備がいるということを皆、知らなすぎではないのか?会議は押し黙る場ではない。喋る意見のない者は来るべきではない。押し黙っていいのは、体をぐりぐりやられて痛みに耐えてる時だけだ。 

オレンジ.JPG
目に眩しいオレンジ。色といい花の形といい、どこか造花っぽい。花の名前は……知りません。

posted by 老い日記 at 00:00| Comment(3) | 日記