2011年07月10日

スッピン髪の実態は?――[479]生誕19,047日

 白髪になる人は禿げない。これは本当なのか。ほぼ禿げあがった頭に白髪チョボチョボ、という老人もいるから、たぶん白髪と禿げにさほどの因果関係はないように思われる。
 10代の頃から髪が細く、「おまえは絶対禿げるよな」と言われ続けた人生を送ってきた我が身からすれば、「我が髪の毛よ、よく頑張ってるぞ、耐えてるぞ」と褒め称えたいところであるが、もはや刀折れ矢尽きるのは時間の問題のよう。
 世の中、いろんなことが目覚ましく進歩して、今では髪の毛も染めたり植えたりできるので、世の50代の何も施さない頭髪の実態はいったいどうなっているのか知る由もないが(誰か研究発表してくれてもよさそうなものだが)、我が頭髪状況は果たして年相応なのか、平均以下なのか。いったい世の50歳そこそこのスッピン髪の毛はどの程度白髪?どこまで薄毛? 
 知ったところで何も変わりはしないのだが。というか、抗いようがないわけで。いやいや、植えれば抗えるのかもしれないが、あれは1本いくら?1本単位じゃなくて1株いくらで買うのか? (1株が何本を指すのかも知らない)
 
 夕方から9月に演出をやらせてもらう劇団H公演の主要キャスト・オーディション。劇団Hの若手俳優のほかにほかの劇団や事務所からも何人か来ていて、総勢20名余り。狭い稽古場でわっせわっせとウォーミングアップを始めれば、途端に全身汗まみれ、薄い髪もぺったりしおれて見るも無惨な状況になる。どうやら暑さは髪の毛にとっても大敵である。
影.JPG
暑さで影さえ溶けてしまいそう。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記