2011年07月18日

空港にはないです。――[487]生誕19,055日

 11時にチェックアウト。リムジンバスに約1時間揺られて広島空港へ。広島の名物土産と言えば、すぐに「もみじ饅頭」が思い浮かぶが、そう言えば先月、唐辛子を使った「赤もみじ」、炭を使った「黒もみじ」という変わり種があったなと思い出し、売店をくまなく見て回るが、見当たらず。いろんな種類のもみじ饅頭を置いている店のオバチャン店員に尋ねてみると、「聞いたことないですね」「赤もみじは確か唐辛子を使ってて……」「さぁ、知りませんねぇ」「黒もみじは炭を使っていて……」「ああ、それなら聞いたことありますけど、空港にはないです」。
 あれ、記憶違いか? 俺はどこで見かけたんだ? と思いつつ時間が迫っていたので、適当に見繕って土産を買い、保安検査を通過。搭乗口に向かうと、待合の近くの小さな売店に平積みになった「赤もみじ」「黒もみじ」が……。おいおいオバチャン、空港にあるじゃねぇか、なんで知らないんだよ、とよくよく見てみると、「赤・黒もみじ」は尋ねたオバチャンのいたメーカーとは別会社。オバチャン、ライバルの土産なんか知りませんとシラを切ったのか、それともホントに知らなかったのか。疑惑は膨らむが、既に我が身は土産は購入済み。結局、今回も「赤・黒もみじ」とは縁はなし。たかが土産でどっと疲れる。
 
 ANA→京急線→JR→東京メトロと乗り継いで自宅に帰り着き、ひと息ついたら疲れた体を引きずって西新宿の稽古場へ。『誰も見たことのない場所』に今日から客演も参加。いよいよ本格的に稽古スタート。と、いきたいところなのだが、若手の場面では結局、何度も何度も小返し稽古。飽くことなき不毛な闘いはいつ果てるとも知れず。またまたどっと疲れる。
解体を待つ球場.JPG
わかりにくいが、廃れゆく様をさらし続ける旧広島市民球場。バスセンターから見えるその姿はかなり無常観漂う。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記