2011年09月10日

やる気の問題なのか?――[541]生誕19,110

 10時から戯曲講座。戯曲を書くことに初めてチャレンジしている男子2人(19歳&20歳)に、もっとこうしたほうがいい、ああしたほうがいい、ホラこんな展開もあるよ、とほとんど一人で喋り倒す。(もちろん、たっぷりの毒をまぶしつつ)
 それにしても他人が書いてる本になら、湯水のようにダメ出しもアイディア湧いて出るのに、我が仕事の戯曲ではさっぱり頭が堅物になってしまのはどうしてなのか?まさに「言うは易く、行うは難し」の典型。(やる気の問題なのかもしれないが)
 
 午後2時からは演技講座。基礎レッスンの後、12月に上演する演目を決めるために脚本を2本読む。我が身が以前書いた『肉体改造クラブ・女子高生版』と、『野田版・真夏の夜の夢』。久々に読んだ『肉体改造クラブ』は我が戯曲ながら、「へぇ、こんなセリフ書いてたんだ」「こんなト書きじゃ意味わからんよ」とまるで他人の本を読んだような感想を持つが、自分に関する厳しいことはもちろん口に出さない。
 
 その後、来年の「DOCS」の方針、スケジュール調整のために事業担当のNさんや、プロデューサーのOさんらと居酒屋へ流れて、ホテルに帰ったのは午前0時前。
 後半戦が始動した「DOCS」、終わってみれば予測以上に疲労感たっぷり。体も重く頭も重く、こんなに疲れが取れないなんて病気になってるんじゃないかとかなり本気で心配になる。(やる気の問題かもしれないが) 

 ところで、冒頭の生誕○○日という記録。今日、DOCS地元トレーナーのS君に唐突に指摘される。「いつからかわかりませんけど、1桁増えてますよ」。ウソ、ウソ、ホントに?
 で、昨日の数字を見てみると、「19,0715」。ホントだ。これを365で割ると……すげぇ、俺、もう「522年」も生きてる!あらま、びっくり。仙人レベルだよ。なんで?なんで?と、原因を追求すべく日付をさかのぼってみると、7月30日が「19,067」なのに、翌日の31日は「19,0678」になって、一気に桁が増えてる。
 ……どうやら、最後の「7」を消し忘れた模様。面白くも何ともない単なる凡ミス。この我が身の単純ミスにも腹が立つが、このひと月以上、誰からも「間違ってるよっ!」とツッコミの、コメントがなかったことが、たまらなく寂しい。
波乱の雲?.JPG

また蒸し暑くなってきたこの頃。雲の形もなんとなく荒々しい。波乱の前触れ?

posted by 老い日記 at 00:00| Comment(1) | 日記