2011年09月23日

融通が利かない。――[554]生誕19,123

 目黒線→大井町線で行く北千束は、実際に行ってみると、さほど遠くないのだが、心理的に「遠いなぁ」が拭えない。なじみがない、ということは事ほど左様にストレスを生じさせる。
 北千束で『幽霊人命救助隊』の稽古を夜10時まで。さあ、今日は張り切ってがしがし進めるぞ。そう我が身に誓いながら、演出家は後半部分のできるところの流れにせっせと手をつけるものの、細部の粗が気になってなかなか先に進めない。「ええい、細かいことは後回し!」。もう一人の自分がそう囁くのだが、杓子定規の完璧主義A型演出家はまるで融通が利かない。おかげで「え、もう終わり?」と予想をはるかに下回るほどにしか先に進めず、残尿感たっぷりに稽古場を後にする。
 
 このところ睡眠時間が恐ろしく少ないので、「いつでも眠い」状態が続いているのだが、一方では「寝てる場合じゃない」という強迫観念も相当にあるので、心身のバランスがなんだかおかしい。と言いながら、寝るときゃ寝ますけどね。でも浅い眠りの中で「ああ、あの場面、こうすりゃいいんじゃん」と芝居がなかなか頭から離れてくれないので、体力はちっとも回復しないけど。
わたしを離さないで.JPG
待ちわびた映画DVD『わたしを離さないで』が届く。
見る暇なんかねーよ。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記