2011年10月18日

痰に赤く細い繊維。――[579]生誕19,148

 煙草をやめて1年半が経過。とはいえネオシーダーは相変わらずぷかぷかやっている、まるで潔さのない我が身。
 汚い話で申し訳ないが、今日歯磨き前に、かーっ、ぺっ、と吐いた痰に「赤く細い繊維状のもの」が何本もかなり混じっている。すわ、吐血か?と恐れおののくが、正体がわからない。じっと顔を近づけて凝視しても、1本長さ1センチの細い糸のようなその正体はやっぱりわからない。「それは血です」と断言されたら、それはそれで仰天するが確かめようがないので、結局見なかったことにする。
 
 夕方から西新宿で稽古。冒頭の場面を何度も何度もつくり直す。セリフを書いて、やってみては書き直しの繰り返し。つかみが肝心と思いながら、なかなかつかめない。悪あがきが続く。というか、悪あがきするしかない。とほほ。
広告募集.JPG
不況の波はまだまだ続きそう。看板も主を求めて悪あがき。 
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記