2011年11月02日

もっと人間らしい生活を。――[594]生誕19,163

 パソコンとにらめっこ。芝居の稽古をにらめっこ。このどちらでもなければ電車で移動中。ホントにこれだけで一日が過ぎていく。もっと人間らしい生活を送らなくて何のための人生なのか。なぜこうも時間がないのか。自分以外の人間はみんな、アフター5を満喫したりしているのか。映画を観たい。本を読みたい。ロンドンに行きたい。芝居に追い込まれて、次第次第に現実逃避の道を模索し始める。あかーん。
 
 『死に顔ピース』のアフタートークのゲストがようやく決まる。本作のモデルにもなっているOさんが当てにしていた医師がことごとくNGで、ゲスト捜しのお鉢がこの間際になって回ってきた。それで昨日・今日と長年の付き合いになる編集者のHさんにひと肌脱いでもらって、なんとか目途がつく。
 Hさん、いつもこんな時だけお願いして申し訳ないっす。助かりました。ゲストに決まったのは、「薬を使わない精神科医」でメンタルセラピーを提唱する宮島賢也さん。トークのテーマは「楽しい終末医療」。どんな話が聞けるのか、今から楽しみ。というか、今の我が身にセラピーしてください。
本当でしょうか。.JPG
本当でしょうか。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記