2011年11月08日

祝! 600回。――[600]生誕19,169

 中国新聞から電話取材が入る。記者のIさんは今回の芝居のモデルとなっているO先生(山口県在住)のことをよく知っているようで、電話越しながら取材はスムーズに進む。
 「どうして演劇にしようと思ったんですか?」。元新聞記者の我が身からすれば、こうした核心にいきなり切り込んでくる質問をしたくなるのはもっともだとわかるのだが、質問されるほうからすると、「何ですか、いきなり土足で」という印象がなくもない。いや、ちゃんとそれなりに私は答えましたけどね。
 「演劇のほうが観客の想像力で世界が構築されるぶん、よりリアルに伝わると思うんですよね」。どうだ、ちったあ気の利いた答えだろうと独り、ご満悦になっていると、「ああ、Oさんもそうおっしゃってました」。………。
 10分ほどで電話取材は終了。
 
 Hは昨日から一般病棟に移り、リハビリに着手したとのこと。リハビリと言ってもまだ、手すりにつかまって立つ、その程度ではあるが、これは大きな前進。
 さてさて芝居も大きく前進しなければ。初日まで、あと8日。劇場入りまで、あと5日。……ま、間に合うのか?
芳香剤.JPG
これ、芳香剤。見た目に惹かれて購入。あまり効いてる気がしない。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記