2011年12月06日

やってたんですか?――[628]生誕19,197日

 シーンスタディ2日目。「体と声」の基礎稽古に時間を掛けて、オーディションのための読み合わせは2幕のみ。
 新国立演劇研修所の6期生とは事前のワークショップをまったくやっていないので、研修生それぞれの長所短所もまだ漠然としか掴めず、手探りしながらの稽古が続く。
 おまけに安部公房の『友達』は改めて読むと、今となってはずいぶんと古臭い。初演が45年前の1967年だから無理もないのだが、45年も経てば言葉遣いや価値観はこうも大きく変わるものかと驚かされる。
 休憩中に「古城さんは昔、ジャズダンスやってたんですか?」と聞かれる。「やったことないよ」と即答するが、「やってたんですか?」という過去形の質問に「老い」を突きつけられた気になる。そこに引っかかること自体、老いの証拠だろうが。
 
 稽古は6時過ぎに終わり、夜はしこしこと書き物仕事。『死に顔ピース』が終わって2週間近く経つのに、ストレス太りが継続中。「炭水化物絶ち」も次第にテキトーになってきて、体重は微増の道をひた走る。ヤバい。ヤバいです。
近未来的.JPG
この広告、「おっ」と目をひいた。被写体はすべて現代のもの。なのに近未来的ムードが全面に漂う。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記