2011年12月09日

こうでなくては。――[631]生誕19,200日

 朝から会議で半蔵門へ。10時から2時間の予定で、ほぼ2時間で予定通りに終わる。素晴らしい。会議はこうでなくては。もっとも、一人だけ細かいことまで根掘り葉掘り聞いていた、しつこいオッサン演出家がいなければもう少し早く終わっていたのかもしれないが。
 続いて初台に移動して、『友達』の稽古。昨日の続きで、とりあえずの流れを少しずつ形にしていくが、5期生の試演会に6期生から数人、チョイ役で出るらしく、その衣裳合わせのために今日は切り上げて5時には稽古終了。素晴らしい。どこまで進んだかはともかく、短時間集中ってことですね。芝居の稽古はこうでなくては。
 
 夜はせっせと執筆作業。すいすい筆は進み、みるみる原稿が仕上がっていく。素晴らしい、やはり執筆とはこうで……とはいかないんだな、こればっかりは。うんうん唸り、ちまちま書いたものをまた消して、また、うんうん唸って、だらだら地獄。
 しかし、だらだら書いていても時間ばかりが過ぎてゆくので、しょうがない、今夜はもう寝るか明日のために。と、この決断だけは早い。やはり健康生活はこうでなければ。(泣)
シドニー?.JPG
シドニー? ……理由を聞かせてもらいたい。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記