2012年01月11日

2011年も3万人超え。――[664]生誕19,233日

 今日も午後から『友達』の稽古。遅々とした稽古に業を煮やした演出家は、よせばいいのに次第に前に出てやってみせる頻度が上がっている。「今、こうやってたじゃん」「どういう気持ちになったら、こなんふうに動けんの?」。悪意に満ちた物真似ならこの男、得意満面。あれ?もしかしたら、演出家がしつこくやってみせる回数の多さが稽古の遅さの原因なのか?
 
 7時半に稽古を切り上げ、急いで劇団事務所へ。昨日の打ち合わせを受けて、今日は劇団での制作会議。我が劇団の会議はいつも枝葉末節のことばかりに時間を取られて、気づけば誰もが「木」ばかりを見ているが、「達成したいことは何か」、その「森」をみんなで肝に銘じることが大事。芝居も会議も「自分で考える」事が何より重要なのだと改めて思う。ま、我が人生にも同じ事は言えるのだが。(泣)
 
 ワンツーワークスでは「自殺」をテーマにした芝居『誰も見たことのない場所』の稽古が断続的に続いているが、昨日、2011年の年間自殺者数を警視庁が発表、その数は3万513人にのぼった。これで14年連続の3万人超え。初めて3万人を超えた1998年以降では最も少なかったとはいえ、去年は1日当たり84人が自ら命を絶ったことになる。
 藤村官房長官はこの発表を受け、「非常に深刻な事態だ。一人でも多くの方の命を救うため、関係府省が連携して、地域の実情に応じたきめ細かな自殺対策を一層推進していきたい」と発言。しかし、2010年の自殺者の約6割、2万人近くは失業者。アメリカの右へならえから抜け出せない我が国でも「格差」はいよいよ鮮明になって現れている。ユーロ経済危機、東日本大震災など不況を煽ることばかりが目立ち、景気回復の兆しが見えない中で、自殺対策に本気で取り組む余裕が今の政府にあるとはとても思えない。この国はますます「弱者切り捨て」に突っ走っているのではないかと溜息が出る。
 自殺対策.JPG
14年連続3万人超えは異常にして悲しい。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記