2012年02月09日

知恵熱か。――[693]生誕19,262日

 今日も10時から夕方5時まで半蔵門で会議。疲れる。日ごろ使ってない頭をフルに回転させてるからなのか、知恵熱か。
 今日は午後、T高校の授業だったのだが、ハナからダブルブッキングになっていたため、あらかじめ我が劇団のベテランOに代行を依頼。さぞや女子高生軍団を前にして、オッサンOの鼻の下はずいぶん伸びたであろう。

 5時過ぎに半蔵門を出て西新宿へ。『ジレンマジレンマ』は何か、今までの作風以上にジャーナリスティックな地平へ駆け出そうとしている。なので稽古に追われながらも、事実関係の裏を取るのに四苦八苦。調べ物の多さに、夜は夜で知恵熱。

節電エレベーター.JPG
節電エレベーター。よくよく読むと、我が身には乗る資格なし。それともイラスト右から2番目に該当するのか。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記

2012年02月08日

経過観察。――[692]生誕19,261日

 朝から会議で半蔵門。10時から5時まで、公務員のようにひたすら目の前の仕事に没頭。しかもこの男、オノレのことは棚に上げて、いちいち議事に物申すので、さながら「会議のヒール役」のようになっている。この男に、「沈黙は金」という言葉を贈ってあげたい。誰か贈ってやってくれ。
 会議後、荻窪まで移動して歯医者へ。今日は左下奥の仮の詰め物を外してシュシュシュシューッと洗い流し、抗生物質を押し込んでまた蓋をして、ハイおしまい。経過観察ってことですね。ホラー劇場にもならず、あっという間に終了。
 今日はホントに東へ西へ。歯科医院を出ると今度は西新宿へと取って返し、『ジレンマジレンマ』の稽古。こちらも遅々として進まず、経過観察状態。もちろん、そんな余裕はどこにもない。そして我が体力にもまるで余裕なし。疲れた。
 ちょっとドキッとする。.JPG
横断歩道脇に手向けられた花。ちょっとドキッとする。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記

2012年02月07日

心の余裕の問題。――[691]生誕19,260日

 確定申告の時期が近づき、税理士のUさんから催促のメールが届くが、領収書の整理をやっている暇は少しもない。ひたすら書きもの作業と芝居の稽古に明け暮れる。

 これはひとえに、心の余裕の問題。領収書の整理くらい気合を入れれば、ものの1、2時間で終わるのだが、その時間が惜しい。惜しいと思ってせっせと執筆に励めばよいものを、執筆の神はなかなかお告げをくれないので、パソコンにだらだら向かって一日が終わってみれば、たいした成果もなく、ああ、こんなことなら領収書整理くらいできたなあと後悔するから、ストレスはどこまでも溜まりゆく。これもジレンマ?

知らない世界.JPG
まったく知らない、わからない世界。50年以上生きていても、わからない世界はいっぱいある。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記

2012年02月06日

キャスティングに号泣。――[690]生誕19,259日

 S高校で授業。駅には予定通り着いていたのに、コンビニ前でネオシーダーを吸っていたら、いつも利用するバスにタッチの差で乗りそびれる。運転手さん、目が合いましたよね?なのに無視しましたよね? いちゃもんつけても、時すでに遅し。
 憤懣やるかたなく次のバスに乗ると、校門前にたどり着いたのが授業開始時刻。やれやれ。と思っていたら担当のY先生から電話。「今、どちらにいらっしゃいますか?」「あと1分で行きます」。1分じゃ無理だろと我が身にツッコミつつ、この男はしれっと適当なことを言う。
 今日は授業の終わりにキャスティングを発表。すると、めそめそ泣き出す者あり。いや、めそめそというより、号泣に近い。どうやら、やりたい役を取れなくて「悲しい・悔しい」だったらしい。授業では一人として「やる気満々」といったガッツをおくびにも出さないので、なになに?君らそんなにモチベーションあったの?とオッサンはぶったまげる。もうとっくに若い子の気持ちなんてさっぱりわからぬ歳になりにけり。
 交通事故無料?.JPG
「交通事故無料」? 保険で払ってくれってことか?
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記

2012年02月05日

ぎっくり腰?――[689]生誕19,258日

 殊勝にせっせと風呂の掃除をしていたら、軽く腰を捻ってしまい、違和感が取れない。機能の背中に続いて、今日は腰。まったく殊勝なことなんぞ、せっせとするもんじゃない。年なんだから。老いてるんだから。我が身にそう言い聞かせつつ、おじいちゃんのように、のそりのそり、と一日を過ごす。
メルトダウン.JPG
この本は凄い。凄みがある。我が新作、『ジレンマジレンマ』でも大いに参考にしています。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記

2012年02月04日

揉み返し?――[688]生誕19,257日

 昨日、日頃の疲労蓄積にたまらずマッサージに久々に駆け込んだのだが、その揉み返しのせいなのか、背中が今日は一日痛い。揉まずとも痛し、揉んでも痛し。どうすりゃいいのさ、老いゆく我が体。

 我が劇団のベテランOが客演している「ボビボビ。」の『2980』を下北沢で観る。AKB48の曲に乗り満面の笑顔で踊るオッサンOの姿に、暗い客席の中で独り、どうしようもなく赤面しました。拷問に近いです。痛いです。こんなの見せられて、どうすりゃいいのさ。

Market O.JPG
突如、コンビニ、スーパーで見かけるようになった「Market O」。菓子類も韓流ブーム?
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記

2012年02月03日

演出研究。――[687]生誕19,256日

 2日連続の市民講師で今日もT高校へ。今日は初めての授業となる2年生の「演出研究」を受け持つ。あらかじめ生徒は4人と聞いていて、果たしてどんな演出家志望の生意気小僧が現れるのかと思っていたら、4人とも昨日の演技の授業で一緒だった男子1名・女子3名。「なんだ、おまえらなの?」と何でもホイホイ口にする不躾オッサンは、途端におまえ呼ばわり。あのー、言葉を慎みましょうね、ここは劇団の稽古場ではなく学校ですから。

 その4人は4人で我が顔を見るなり、「あれ?あれ?」と声に出して、びっくり顔。なんでも先週まで文学座のDさんが授業を受け持っていて宿題も出ていたので、彼らは今日もてっきりDさんの授業だと思っていたらしい。え?もしやDさんも来てるのか?と不安になるが、さにあらず。どうやら連絡の行き違いだった模様。あのー、コーディネーターのNさん(文学座)、来週以降のスケジュールも間違いないでしょうね?

 生徒は4人とはいえ17歳の考える演出プランはなかなか柔軟思考ながら、戯曲の読解は真面目。ジョン・パトリック・シャンリィの『お月さまへようこそ』をテキストに演出プランを考えてもらうのだが、来週どんなアイデアが飛び出して来るか、既に才能らしきものはすっかり枯渇している老人演出家は若い彼らのアイデアを盗んでやろうと虎視眈々と狙っている。

 さてさて、気がつけば今日は節分。年中行事とはすっかり縁のなくなった老人には何の関係もございませんが、福だけは内に来てくれと調子のいいことは願っておく。
新装開店の張り紙.JPG
店内でご飲食しないケースもあるのか? 150名というのは願望なのか?(余計なお世話じゃ)
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記

2012年02月02日

市民講師。――[686]生誕19,255日

 月曜のS高校に続き、今日はT高校で久々に授業。この授業、女優&演出家のKさん(流山児★事務所)と二人で持っているので、我が身が出かけるのは実に2カ月ぶり。おまけに今年1月から新校舎に移転していて、新宿御苑近くの真新しい建物はもちろん、ぴっかぴか。「さすがに新しいですね」と応対に出た担当の先生に言うと、「いやあ、新築じゃなくて改装も多いですからねえぇ」と突貫工事を匂わせるような微妙な返事。

 授業は今日からKさんがキャスティングした配役で、『どよ雨びは晴れ』の立ち稽古に突入。もちろん初日なので、みんなまだまだ台詞を言うのに精いっぱい。それでも頭からなんとか流れをつくっていくが、進みはのろい。半分も行かないうちに時間切れかよと思っていたら、担当の先生から「15分ほどオーバーOKです」とメモが入る。これはオーバーしろってことなのかと有り難い申し出に、きっかり15分オーバーして今日は終了。

 帰る前に職員室に出向いて出席簿に判子を押す。そのときにわかったのだが、大学では「非常勤講師」という肩書なのだが、高校では「市民講師」なんだそうな。ふうん。違いはよくわからんが。それにしてもまさか我が身が高校の先生(もどき)に身を置くだなんて「似合わねぇなぁ」と、今でもちょっぴり恥ずかしい。人生、わからんもんです。

合格発表.JPG
T高校では玄関前に合格発表の掲示が。この前でいくつものドラマが展開したことやら。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記

2012年02月01日

ホラー劇場。――[685]生誕19,254日

 歯科医院へ行く。1月19日にやり残した詰め物の除去。
 「痛かったら言ってくださいね」の声を合図に、ウイーンウイーンと恐怖をあおる器具がうなり始めたかと思うと、ガガガガガガガと明らかに金属を切断している音が顔じゅうに響く。おいおい、火花は出ていないのか?と気が気ではないが、ウイーンウイーン、ガガガガガ攻撃はまったく終わる気配がない。
 「じゃあ一度、うがいしてください」と言われ、やっと解放されたかと思いきや、今度は明らかにペンチのような器具で(たぶん)、根深く食い込んでいる詰め物を挟んで力まかせに引っ張り始める。もしもし、まさかの実力行使ですか?と異議を唱える暇もなく、アゴ全体が引きちぎれるのではないかという容赦ない力業に恐怖心はいっそう募る。つくづく歯科治療はホラー劇場だと思う。
 ようやく詰め物が取れると、よせばいいのに黙ってはいられない元新聞記者は「どれだけ取れたんですか?」と我が身の口から取り出した物を見せてもらうと、長さ3ミリほどのいびつな三角錐のような金属片が2個。こんなちっぽけなもので恐怖を味わっていたのかと、やや唖然とするが、今日はぽっかり空いたその小さな穴に抗生物質を入れ、仮の蓋をしておしまい。

 おかげさまで今は痛みはないが、次回はいったいどんなホラーが待ち受けているのか。ちょっと楽しみ。(ドMか)

貸し切り.JPG
貸し切り地下鉄。大都会でも時にこんな状況に遭遇する。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記