2012年04月23日

忍耐の人になる。――[767]生誕19,336日

 1週間が早い早い。え? 前回行ったの3日前くらいじゃなかった?と時間に置いてきぼりを食らったかのような感覚で、午前中からバスや電車を乗り継いではるばる小手指のS高校へ。
 担当のY先生が頑張って階段のセットを叩いてくれたので、今日から実寸通りの稽古に突入。
 でもって、とりあえず最後まで行きたい気持ちを曲げて、頭から動きを整理しつつ進めるが、案の定、遅々として先へ進めない。いちいちしょーもないことで止まるので、同じ所を繰り返し繰り返し、ぐっと忍耐の人になる。
 「動きたいように動いてくれ。とりあえず流れはつくるけど、これは振付じゃないからな。やってたら、あ、こっちに動きたくなっちゃったっていうの、全然OKだから」
 必死に優しい言葉で諭そうとする我が身がけなげ。

 しかし結局、3分の1も進まず、まだまだ先は遠い。忍耐の日々もまだまだ続く。

 このところ月曜はダブルヘッダー続きで、今日も小手指から小旅行で阿佐ヶ谷に舞い戻り、劇団の基礎稽古へ。
 こちらも先週同様、若手を相手に罵詈雑言を浴びせつつ忍耐の人になる。……って、罵詈雑言を吐いた時点で忍耐とは言いません。

 ともあれ、長期戦を思わせる闘いの終わりは見えない。
この広告、まだ必要?.JPG

この広告、まだ必要?
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記