2012年04月29日

足長オジサン。――[773]生誕19,342日

 本日、気温25度超えの夏日。マジかよ、まだ4月だぜ。

 年々、春と秋が短くなって、季節は夏と冬のみ。老人には過酷な地球になりつつある。温暖化の影響なのか?なんとか地球よ、春と秋を取り戻してくれ。

 夏日であろうが、オッサンは走る。走ったはいいが、すぐにバテる。あえなく今日は40分過ぎにストップ。それからストレッチを10分ほどやって、さらに20分走る。
 ホントにゴールデン・ウィークなんだね。花見で芋を洗うような人だかりだったのが嘘のように、今日の緑地公園は人が少ないこと。テントを張ってるバック・パッカーの若者も2、3人見かけた。みんな行楽に出かけているんだね。いいね、金と暇があって。書き物仕事に追われるオッサンは走るぐらいが行楽です。はい、行楽なんです、走るのはっ!
 走ってる途中、制服の中学生男子が5、6人、遊歩道の真ん中に占拠するように立ってしゃべっていて、こらクソガキ、邪魔なんだよと思いながら脇をすり抜けると、すぐ後ろから、「足、長ぇー」「うわ、マジ、長ぇー」と声が聞こえてきて、クソガキがたちどころに天使のように思えてくる。

 そうだよ、オジサンは足、長いんだよ。とっても長いんだよ。長いのに、君らより走るの遅いんだよ。君らが5分で行けるところを倍はかかるんだよ。息もすぐに切れるんだよ。だからさっさと道を空けてね、オッサンは急に止まるのも心臓に負担がかかりすぎて無理だから。(泣)
ツツジが咲き始めてる。.JPG

ツツジが咲き始めてる!
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記