2012年06月10日

強制収容所か? ――[815]生誕19,384日

 今日も午前10時からストレッチ開始。オノレの劇団でもこんなに早い時間からわっせわっせと体を動かすことはないので、老体演出家にとっては、ウォーミングアップが終わっただけで早くもホテルに帰りたくなる。

 もちろん帰れるはずもなく、その後も「DOCS」メンバーひとりひとりの体や声の癖を素早く見抜きつつ、基礎訓練にたっぷり時間をかける。

 その後、ようやくキャスティングのための本読み。メンバー全員から役の希望を採り、ひと通り読ませてはみるが、「もっと気持ちのアップダウンを大きく!」「なんでそんなに喋りが遅い?」「いやいや、ただ速いだけじゃダメでしょ。言葉をちゃんとイメージしてる?」「だから、そんな一色で喋っちゃダメなんだって」
 ダメ出しは止まらなくなり、あれやこれやと指示を出してなんとか「変わろうとする様」を見ようとするものの、若者たちは2ミリほどしか変わらない。
 頭に来て、トレーナーの3人(地元の俳優)と出しゃばり演出家とで2シーンぐらいを実際にハイテンションでやってみせる。 どうだ、恐れ入ったか。

 君ら若いんだから、これくらいのことやってくれよ。そう思いつつ再び若者たちにやってもらうが、それでも奴らは2ミリほどしか変わらない。やはり彼らに『ゴジラ』は無謀なのか……?

 今日も午後8時に稽古を終えて、それから事業担当のNさん、プロデューサーOさん、地元トレーナーの3人とでキャステイング会議。難航しながらも、結局はアンサンブルのバランスを重視して、どうにか決定。
 やれやれと、終わってみれば午後10時近く。つまりは朝10時から夜10時まで12時間労働。ちょっとお、Nさん、これ働かせすぎでしょう?ここ広島は強制収容所か?
 当然、誰もが疲れ果てて、今夜はいつものように居酒屋に流れることもなく、ホテルに直帰。疲労感だけを抱きしめる。
2012-06-10.JPG

梅雨入りした原爆ドーム。

posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記