2012年07月05日

意地悪じいさん。 ――[840]生誕19,409日

 明日の本番に向けて、午後は場当たり、夜にゲネプロ。一日中、劇場内で過ごす。

 もはや若かりし頃の体力は少しもない演出家は、演出席に水、コーヒー、チョコレート、肩こり用の鎮痛消炎剤などをずらりと並べて、臨戦態勢で場当たり・ゲネプロに立ち向かうが、やはり目と肩の疲れは激しい。もはや拷問のような時間。それでも重箱の隅をつつくようにマズいところを見つけ出すことだけに生き甲斐を見いだして、意地悪じいさんのようにダメを取る。

 退館ぎりぎりの9時に劇場を出て、劇団のハイエースに乗って帰宅。体に溜まる疲労はピークを超えているが、30歳を超えてウィンブルドンテニス準決勝を制したセリーナ・ウィリアムズの試合に勇気をもらって我が身を奮い立たせる。(テニス見る暇があるなら、さっさと寝なさい)

 明日はいよいよ、お披露目。えいえいおー。
2012-07-05.JPG

オープニング状態の舞台から客席を望む。ひ、広い……。

客席は4階まである……。

posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記