2012年07月07日

日帰りで福岡。 ――[842]生誕19,411日

 福岡に日帰りというハードスケジュールの一日。福岡滞在はわずか7時間あまり。
 目的は「九州戯曲賞」の最終選考会。審査員のYさんとはつい先日の会議でも一緒だったのだが、Nさん、Mさんとは前年の審査会以来。Iさんとは2年前の熊本での審査会以来。同じ演劇を生業としていても、劇作家同士が会うことはホントに少ないのだなと改めて実感。
 選考会の傍聴席には宮崎県立劇場のKくんの姿もあり、『29万の雫』の再演の話など聞きたかったのだが、懇親会には出ないというのでほとんど話はできず。
 だが、かく言う我が身も懇親会で最終候補者の人たちにあれやこれやと偉そうに意見していたら、事務局の人に「そろそろ空港に向かう時間です」と打ち切られ、久々に会ったIさんらとも挨拶もそこそこに途中退席。
 羽田には午後10時半過ぎに着いて、帰宅は結局、午前様。ただただ、一つの会議に出ただけで一日が終わる。

 疲れました。はい。
2012-07-07.JPG

天神地下街の天井は凝り性の技。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記