2012年07月08日

フェデラーに負けじと。 ――[843]生誕19,412日

 ウィンブルドンテニス男子は女子のセリーナ・ウィリアムズに続き、こちらも30歳のロジャー・フェデラーが最多タイとなる7度目の優勝。30歳をすぎての優勝は女子が史上2人目、男子は史上3人目。ピークと言われる年齢をとっくに越えての優勝に大いに勇気をもらう。(テニスを離れれば、30歳はまだまだ全然若いけど)

 それにしてもフェデラーは凄かった。決勝の相手は76年ぶりにイギリス人として優勝を狙うアンディ・マレー。会場のほとんどがマレーに大声援を送る完全アウェーの中、ほぼ孤立無援のような状態で自分のプレースタイルを崩さず、勝ちきる強靱な精神力。そこが凄い。(しかも泣き虫マレーと違って、ポーカーフェイス。ホンモノの強さを感じさせる)

 今日から『みんな豚になる』の稽古再開。吉祥寺シアターでの本公演に向けて、さらなるレベルアップに突き進む。「ほどほど」ではいけませぬ。俳優陣にこれでもかと食い下がり、徹底的にこだわり抜きますぞ、フェデラーに負けじと。
2012-07-08.JPG

知らず知らずカツラに目が行くオノレが悲しい。
(女物なのに)
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記