2012年08月03日

熊のプーさん。 ――[869]生誕19,438日

 午前中は音響チームとの打ち合わせ(昨日の午前は小道具チームとの打ち合わせ)。午後から立ち稽古に入り、今日もたっぷり午後8時まで。「DOCS」ではホントに何から何までプランニングしなければならないので、オッサンの脳はオーバーヒート気味。(ただでさえ老化が進んでいるというのに)

 「DOCS」の稽古終了後、ドラマ教育のスペシャリスト、ケンとほぼ1年ぶりの再会。ケンはロンドンから成田に着き、今回コーディネーターを務めている女優Nさん(朋友)とともに、明日・明後日のワークショップのために、そのまま広島入り。

 時差ボケも手伝って、さぞかし疲れているだろうと思いきや、アイリッシュパブで再会したケンはすこぶる元気。ますます大きくなった巨体はいっそう「熊のプーさん」を彷彿とさせ、人なつっこい笑顔で「ハーイ、コジョサーン」と握手を求めてくる。

 一日中、若者相手に「DOCS」の芝居の稽古で疲れ果てていたオッサン演出家もケンの笑顔につられて、ついついギネスビールを2パイントも飲んでしまう。

 しかし、ホントにまたデカくなったなぁ、ケン。と思っていたら、このところ膝がよくないらしい。そりゃそうだ、その巨体を支えるにはよほど強靱な膝でなければ耐えられるはずがなかろう。人のことを言ってる場合ではないが、ケン、もっと痩せなさい。

 「DOCS」の稽古は、少しでも先に先にとは思うものの、天敵O(20歳)や我が劇団員でもあるT(20歳)にいちいち引っかかって、今日も思うようにならず。今日は特に発想貧困なTにイライラし、「君、どこの劇団の人?」と何度も声を張り上げる。
 こうして同じ所を何度も繰り返し、時間ばかりが無情に過ぎて、じっと辛抱辛抱の稽古が続いている。ああ、しんど。

 でもオッサンは負けないよ。20歳の若造2人くらい手玉に取れなくてどうする。
2012-08-03.JPG

夏だね。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記