2012年08月11日

朝まで打ち上げ。 ――[877]生誕19,446日

 朝、9時にはウォーミングアップを開始。健康的ではあるが、オッサンの体は少しも起きてくれず、過酷なだけ。短縮版で済ませ、10時から「念には念を」で再びゲネプロ。
 流れが途切れることもなく最後まで突き進めるようにはなったが、俳優同士の気持ちのぶつかり合いは、まだまだ不十分。

 今年はもはやこれまでか。ぎりぎりまでダメ出しをするものの、あとは若者たちのやる気に賭けて、スタンバイ態勢に。

 チケットが昨年より売れてなくて、数日前から「去年は満席だったぞ」とハッパをかけていたのだが、蓋を開けてみればマチネは満席。補助席まで出す大盛況。
 芝居もどうしたことか、これが本番の底力というものか、天敵の宇宙人Oも含め、俄然よくなる。老体演出家はその頑張りに、父兄参観の親のような思いで泣きそうになる。隣で観ていた元「DOCS」メンバーのK(19歳)は上演中、しっかり泣いている。うん、確かによかったぞ、君らの『ゴジラ』。

 終演して客出し後、直ちにダメ出し。何カ所か小返しまでしていると、あっという間にソアレの開場1時間前を切っている。

 ソアレは残念ながら満席にはならなかったが、それでも7割ほどの入り。「DOCS」ファンがいることに、感謝感謝。

 芝居の出来は、それぞれが最後だからと要らぬ気合いを入れたからか、空回りが目立つ。夜も隣で観ていたKはそれでもグスグス鼻をすすらせていたので、終わってから「昼と夜、どっちがよかった?」と聞くと、「昼です」ときっぱり。その通り。

 夜10時頃から打ち上げ。食欲旺盛な若者男子ばかりに囲まれたテーブルについてしまい、来る料理、来る料理、片っ端から消えていく。12時過ぎに散会となるが、2次会で大人チームは別の居酒屋に流れ、若者チームはカラオケへ。疲労困憊の大人たちは話も盛り上がらず、1時間ほどで解散。
 そのあとオッサン演出家はよせばいいのに、カラオケの若者チームに合流。15人ほどで次々にわーわー歌う若者軍団は、これでもかと有り余るエネルギーを発散しまくっていて、さすがに加齢集団とは生命力が違う。
 結局、電車が動き出す朝の6時近くまで粘り、「DOCS」初の朝まで打ち上げ。(先月の『みんな豚になる』の打ち上げで久々に「朝までカラオケコース」に雪崩れ込みヘロヘロになったはずなのに、またしても)

 もちろん精根尽き果てたオッサンはタクシーでホテルに戻る。(朝帰りのホテルで鍵を受け取るのは妙に恥ずかしい)

 かくして今年の夏のDOCS、『ゴジラ』終了。

 ご来場いただいた皆様に心より感謝。そしてみんな、お疲れさんでした。みんな、ますますいい役者になれよ。
2012-08-11.JPG

『ゴジラ』受付。だから、ピースを入れてくるなってば。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(1) | 日記