2012年08月24日

潤いが消えていく。 ――[890]生誕19,459日

 朝、目覚めると、熱はない。頭をブンブン振ってもズキズキしない。すごいね小児用の感冒薬「リココデ」、またしてもオッサンに効く。防御、成功。「小児用」というのはマジで精神年齢のことなのかもしれない。(違います)
 しかし起き上がってみると、体調は万全ではない。風邪引きからはうまいこと逃れられたようなのだが、腹が重苦しい。時おり圧迫されたかのように、ぐぐぐ、と痛みが起こる。下痢ではない。でも違和感は続く。腹痛は滅多に起こさないタチなので、この症状、妙に気になって仕方がない。

 もしもし? どうなさいました、我が体。さっぱり原因がわかりません。わからないので……ほうっておくことにしてますが。(今はずいぶん治まってきた)

 体のことで言えば、このところ悩まされているのが皮膚の衰え。歳を取ると体から油分が失われるとよく言うが、ホントに肌がカッサカサ。そのせいなのか、かゆみが激しい。風呂上がりにはケラチナミン(主成分は尿素)をあちこちに塗りたくり、赤みが強いところにはかゆみ止めをさらに塗る。生活と同じように、我が皮膚からも次第次第に「潤い」が消えていく。

 ニューヨークはエンパイア・ステートビルの近くで銃撃事件が発生。犯人を含め、2人が死亡。8人が流れ弾に当たって負傷。
 他者を恐れるあまりの過剰防衛の国、アメリカ。

 いったい、いつになったら銃社会から脱却できるのか。(たぶん、無理)
2012-08-24.JPG

高円寺では名物、阿波踊りの前夜祭。
近くを通ると、けっこう音がやかましい。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記