2012年08月30日

気持ちだけ。 ――[896]生誕19,465日

 本多劇場でTRASH MASTERの『背水の孤島』を観る。午後7時の開演がやや遅れたとはいえ、終演して「ふううう」と溜息とともに時計を見ると、午後10時30分。休憩なしの約3時間半。さすがに長い……。東日本大震災から数カ月後を描く第1部の『蠅』は、同時代を生きる人間としてハッとさせられる個所も少なからずあったものの、震災から12年後を描く第2部『背水の孤島』はあまりの設定の荒唐無稽さにやや唖然……。
 それでも去年、数々の賞を取った作品の凱旋公演だけあって(初演の笹塚ファクトリーから本多劇場に進出)、客席は満杯。知り合いの演劇人も多数、見かける。

 所用で電話したNさん(新国立劇場)に、昨日も書いた春日野八千代さんの件で「予言してたんじゃないの」と言われる。
 我が演出ではその春日野八千代役を敢えて男優にやらせるキャスティングをしているので、いったいどうなることやら。(まさか恨まれはしないよな)
 さてさて8月もそろそろ終わるというのに、気温はいっこうに下がらない。30℃超えの真夏日が続く。体力のないオッサンにはまだまだ厳しい毎日だが、来週から始まる2本の芝居の稽古、連日のダブルヘッダーに備えて、今から筋トレに励みます。(という気持ちだけ持っておく)
2012-08-30.JPG

一昨日に続いて、今度は縦に真っすぐ伸びる、またしても我が性格のような雲、その2。

posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記