2012年09月01日

目の奥がじんじん。 ――[898]生誕19,467日

 早くも9月に突入。大人になると、1年はあっという間に過ぎていく。さらに歳を取って大人から老境に近づくと退行現象と同じように、再び1年が過ぎゆくのは長いと思うようになるのかと思えば、さにあらじ。相も変わらず、びゅんびゅんと時は過ぎゆく。
 おーい、いつになったらのんびりと暮らせるんだ−?
 おーい、いつになったら余裕をもって生きられるんだー?

 と愚痴を何回口にしたところで、そのぶんの時間も過ぎてゆくだけなので、せっせと目の前の仕事に精を出す。

 このところ、また目の奥がじんじんと鈍く重い日が続いている。そんなに目を酷使しているのか?仕事のしすぎでパソコン画面と対面する時間が長すぎるのか? などと我が身を振り返りつつ、ついつい今夜も夜中にやっていロンドン五輪の総集編番組をたっぷりと見てしまう。要はテレビの見過ぎのようで。(仕事はどうした、仕事は?)

 本日、劇団ではDM発送作業にいそしんでいたのだが、なんと、ここにきてチラシのミスを発見。次回公演のアフタートークに出ていただく劇作家の「霜康司」さんの名前が「霜康 司」と名前の区切りが間違っている……。あちゃー。

 申し訳ありません。「しも・やすし」さんが正解です。霜さん、及び霜さんファンの皆さん、ごめんなさい。許して。
2012-09-01.JPG

切実な思いが伝わってくる。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記