2012年09月10日

久々の西東京。 ――[907]生誕19,476日

 今日から『誰も観たことのない場所』の実寸稽古。仕込みは舞台監督Kさんおよび俳優メンバーにお任せして、打ち合わせの立て込んでいる演出家は社長出勤で田無へ。
 久々の西東京市民会館。考えてみれば市民会館を稽古小屋として使っているのだから贅沢と言えば贅沢。しかし照明を使うと会館使用料が跳ね上がるため、ビンボー劇団は午後は薄暗い舞台のまま稽古にいそしむ。

 さすがに夜間はシーリング1台1区分100円で何台か使用。照明が入るとその明るさに、「おお、よく見える」と初めて文明に触れた未開人のように演出家は歓声を上げる。

 劇団のベテランOがまだまだ客演の真っ最中なので(今日が千秋楽)、稽古はOの出ない場面を冒頭から順次、動き等も確認しつつ進めていく。
 しかし、セットも立て込んだ実寸稽古は手狭な稽古場では見えなかった部分があらわになってきて、演出家はかえって危機感も覚えるが、流れがスムーズになるまで各場を2、3回ずつ繰り返す。
 午後10時前に退館。本日は台本の半分弱まで進んだところで終了。稽古できるのはあと3日。

 新生『誰も観たことのない場所』、間に合うのか?
2012-09-10.JPG

牛? ゆるキャラ? と思ったら「ひつじ」だった。
……見えない
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(2) | 日記