2012年09月20日

老後の心配。 ――[917]生誕19,486日

 10時半から西新宿のファミレスで我が劇団の制作F女史を交え、翻訳家のSさんと打ち合わせ。
 来年、再来年の企画にあれこれ頭を働かせながら、このうち何本上演できるんだろう、そこまで生きているのか、などと思い悩む。老後の心配なんて遠い先のことと思っていたが、いったいどこでけじめをつけるのか、何にけじめをつけるのか。そろそろビジョンを持たねばなるまいなぁ。……などと、芝居の話のはずが老い先短い今後のことが頭の中をぐるぐる回って、少しも芝居のビジョンが描けない。

 昼過ぎになって「稽古だ稽古だ」と慌ててファミレスを出ると、台本や稽古着などを詰め込んだバッグのファスナーが壊れる。あちゃー。ぱっくり口を開けたままのデカいバッグを抱えて稽古場へ。今日も一日、『少女仮面』の稽古に精を出す。あと何年、あと何日、こんな日々にいるのだろうと思いつつ。
2012-09-20.JPG
音響用って、誰用? 目の悪い人用? だったら目の悪い人はどうやってこのボタンの存在を知るの?
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記