2012年09月24日

息も絶え絶え。 ――[921]生誕19,490日

 今週から稽古は再びダブルヘッダー。もう勘弁してください。体力が持ちません。おじいちゃんは息も絶え絶えです。
 11時から6時まで『少女仮面』。6時から10時まで『産まれた理由』。今週はずっとこのスケジュールで突っ走る。過酷だ。過酷すぎる。どうか、死にませんように。

 ダブルヘッダーが再開した途端、左の膝の調子が悪い。そろそろまたヒアルロン酸を打ってもらいに病院に出向いたほうがいいのかと思いつつ、「大丈夫大丈夫、おまえの膝はまだ若い」と暗示に掛けつつ、痛みをやり過ごしている。この痛みが死への序章でないことを願いながら。

 大相撲。日馬富士が横綱昇進決定。どんどんモンゴルの国技と化していく。どうせなら、もっと世界各国の力自慢(もちろん、足腰・膝の強い男)をスカウトし、世界的な競技としてオリンピック種目を目指せばいいのに思う。まぁ、それでも若・貴のようなスターが出てこないと、日本人の担い手はなかなか現れないだろうが。
2012-09-24.JPG

撤去される「緑のカーテン」。

ここまで覆い尽くすの、大変だったろうに。何ゆえ?

posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記