2012年09月28日

容赦ないスケジュール。 ――[925]生誕19,494日

 朝から珍しく池袋。我が身が編集長を務める『join』の取材で東京芸術劇場へ。副館長のTさんに話を聞く。Tさんとはシンポジウムだの審議会だの堅苦しい場でよく一緒になっていたのだが、改めてご本人の近況を伺うのはほとんど初めて。相変わらずよく喋る。頭の回転も早い。

 取材後にはリニューアルされた劇場を見せてもらって回る。「プレイハウス」と改名したかつての中ホールには、上演中のNODA・MAP『エッグ』の美術が立て込んであり、その舞台上に裏から上がって、「へー、意外にシンプルなつくりだのう」と思いながら、そぞろ歩く。

 午後は昼食を取る間もなく、西新宿に移動して『少女仮面』の稽古、そのまま夜になったら『産まれた理由』の稽古と、容赦のないスケジュールに奴隷のように従う。

 芝居はどちらも、のらりくらりとわずかな進歩しかなく、いやいや、わずかでも進歩はあるのだからと我が身を慰める。

 2週間前、ムハンマドを冒とくした映画が発端となって大規模な反米デモが中東で起こっていたが、その映画を制作した男(55歳)がアメリカで逮捕された。この映画、我も「youtube」でちょっとだけ観たが、まぁ、ひどいものだった。つくりも粗いし、コンセプトも不明。こんな愚にもつかないものまでわざわざ拾い出してきてやり玉に挙げるイスラムの人々の根性にも恐れ入る。(相手にするほどの動画とは思えない)
2012-09-28.JPG

残念ながら書店売りはしていません。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記