2012年11月10日

巻きすぎじゃないのか。 ――[968]生誕19,537日

 今日は朝から新宿。ディレクターのSさんと打ち合わせ。
 ホントに初日が開くと、待ってましたとばかりに次から次へと別の仕事が待っていて、すでに軽い認知症が始まっているオッサン演出家は頭を切り換えるのが大変。

 不況不況でどこも観客は入らないと言いつつ、ここ東京では次から次へと芝居がつくられていく。

 その後、赤坂見附に移動して、本日は昼夜2ステージ。気がかりだった上演時間は、2時間3分を切るテンポの良さ。

 というか、少し巻きすぎ。「無駄に速い」とダメを出しておく。

 夜公演後は今日もアフタートーク・セッション。ゲストは産婦人科医の池川明さん。「胎内記憶」の第一人者。

 池川さんはいつも穏やかで話し口調も柔らかく、我が身とは見事にすべてが対極にあるような人で、話すほどに我が身の黒さを突きつけられて居心地が悪くなる。だからというわけではないが、劇中で池川さんを演じていた俳優Fさんもトークに招き入れて予定の30分はあっという間に終了。

 ところで、北京国際マラソンで日本国籍の選手は参加できないようになっているらしい。

 すごいな中国。スポーツにまで領土問題を持ち込んで喧嘩を売ってきやがる。日本のナショナリズムがますます高まって右傾化に歯止めがかからなくなるのではないか、とナショナリストを自認する我が身は自戒を込めて思う。
2012-11-10.JPG

色とりどり。
『産まれた理由』も多彩なエピソードがてんこ盛り。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記